豊田市、日進市、知多市で調剤薬局を運営する株式会社GSP

  • お知らせ
  • ブログ
  • 0565-41-6858 受付時間9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)

宇宙一の薬局を目指して

ブログ

ブログ

文楽を学ぶ

文楽ってご存じでしょうか?

私は最近知ったのですが、

 

o7_ichisuke-240x180[1]

簡単なイメージで言うと

歌舞伎で演じてる人(市川海老蔵のような)が人形に変わった感じです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%A5%BD

CIMG4720

で、文楽鑑賞教室に行ってきました~!

これは文楽を楽しく見るために

文楽の説明もしてくれる公演です。

CIMG4677CIMG4676

劇場の中は、

CIMG4687CIMG4686

写真の通り満席でした。

人気あるんですね~。

CIMG4683

初めての人でも安心、イヤホンガイドがあります。

説明を聞きながら見ることができますので

わかりやすいです。

文楽にかかせないものは

CIMG4721

まずは「太夫」

簡単に言うと物語語り手です。

登場人物のセリフなども、この「太夫」が言います。

CIMG4723

そして「三味線」。

義太夫節を演奏します。

またさきほどの「太夫」と合わせて登場人物の心情を表したり

男や女なども表現します。

バチの力強さなどで表してました。

CIMG4725

そして「人形」です。

1つの人形を3人で動かします。

「主遣い」と言われる人は人形の胴体と右腕。

「左遣い」は左手。

「足遣い」は足を動かします。

この人形の遣い手になるには

まず「足遣い」で15年

そして「左遣い」で15年。

で、やっと「主遣い」になれるそうです。

修行が大変ですね(゜д゜)

3人そろって人形を動かすのは相当大変そうでした。

歌舞伎よりも全然安い値段で行けますので

興味のある方もない方も1度くらいは実際に見てみるのも

いいと思います!

 

ページトップへ