豊田市、日進市、知多市で調剤薬局を運営する株式会社GSP

  • お知らせ
  • ブログ
  • 0565-41-6858 受付時間9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)

宇宙一の薬局を目指して

ブログ

ブログ

ウイスキー PART2

ウイスキーには5大ウイスキーと呼ばれる

ものがあります。

スコッチ(スコットランド)

アイリッシュ(アイルランド)

アメリカン(アメリカ)

カナディアン(カナダ)

ジャパニーズ(日本)

です。(諸説あったらごめんなさい、また2ヶ月の知識なので

この後の内容で間違っていたらすみません)

この地域分けはワインに似てますね。

ワインならフランス(さらに細かく分かれますが)・イタリア・チリなど

ありますね。

ワイン同様、ウイスキーも製造された地域(国)で

味が変わります。

ところで、えらそうなことを言ってますが

まだウイスキー歴2ヶ月の私には

味の細かい違いがよくわかりません(笑)

バカ舌なもので(>_<)

時を戻そう!

まずは代表格スコットランドのスコッチウイスキーについてです。

スコットランドってどこか分かりますか??

簡単に言うとイギリス事ですね。

イギリスの正式国名は

The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

です!長い!!

日本語では

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

となります。

連合国なんです!

おおまかに

イングランド

スコットランド

ウェールズ

北アイルランド

の4つの国からできています。

サッカーやラグビーなどに詳しい方は

なじみの国名だと思います。

サッカーで有名なベッカムは、

「イングランドのベッカム」と言いますよね?

「イギリスのベッカム」とは言わないですよね?

「イギリス」って言葉自体が日本オリジナルなので

ややこしくなるんですね。

さて、スコットランドのウイスキーですが

大きく6つのエリアに分けられます。

が、話が長くなりすぎるので

今回はハイランド地方のスペイサイドに限定します。

スペイ川流域には50もの蒸溜所があるそうです。

ここだけでスコットランド全体の蒸溜所数の半分あります。

なぜ集中してこの地域にあるのか?

理由は気候がいいというのもありますが

昔、ウイスキーへのひどい増税があり

それを避けるために

この地方で密造していたのが大きいようです。

他の国でもそうですが、ウイスキーの歴史に

政治がかなり絡んできます。

日本でもそうですよね。

第3のビールが流行りだしたら

それに税率をあげたりしてますね。

まじめな話ばかりで長くなった(笑)

続きはPART3で!

 

 

ページトップへ