豊田市、日進市、知多市で調剤薬局を運営する株式会社GSP

  • お知らせ
  • ブログ
  • 0565-41-6858 受付時間9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)

宇宙一の薬局を目指して

ブログ

ブログ

ウイスキー PART4

続いてはアメリカです。

よく聞くバーボンとはウイスキーの事です。

細かく言うとケンタッキー州で作られたものです。

テネシー州で作られたものはテネシー・ウイスキーと言います。

スコッチやアイリッシュは大麦麦芽で作られているのに対し

アメリカはトウモロコシで作られているものが多いです。

(細かく言うといろんな条件がありますが割愛します)

バーボンはトウモロコシから作られているため

甘い物が多いです。

代表的なアメリカのウイスキーの銘柄ですが

日本でCMや雑誌に載ってるものが多く

なじみのある名前が多いと思います。

ジムビーム(ローラのCM)

メーカーズマーク(小栗旬のCM)

ワイルドターキー

アーリータイムズ

フォアローゼズ

など。

カナディアンウイスキー

アメリカでの「禁酒法」により

アメリカで作ることができなくなったときに

カナダで大量に作られるようになり

発展しました。

・今ではカナダで高い税金がかかるようになったため

衰退してしまったようです。

味の特徴は、アイリッシュ同様軽い感じです。

カクテルのベースとしてよく使われるようです。

有名な銘柄は、「カナディアンクラブ」です。

最後は日本です。

日本での歴史は浅く、まだ100年くらいです。

日本でのウイスキーといえば、やはりサントリーですかね。

「角」や「トリス」はCMもやっており有名ですね。

他にはニッカウヰスキーも有名ですね。

大阪で有名なグリコの看板のように

札幌に行ったらニッカウヰスキーの看板は

生で見たくなりますね。

ウイスキー作りに欠かせないものを

まったく書きませんでしたが

「樽」は重要です。

「樽」で熟成させる必要があり

「樽」も各国特徴があります。

「樽」によって味・風味・色が変わり各国の

ウイスキーの特徴となります。

と長々ウイスキーについて書きましたが

コロナの影響で家飲みが増える今、

ウイスキーもぜひ試してみてほしいです。

 

ページトップへ